ストレスと上手に付き合う

鼻づまり

耳鳴りとは、外に音を発するものがないにも関わらず音が聞こえる状態のことを言います。耳鳴りは過度のストレスが原因だと考えられていて、休養を取るなどしてこのストレスを取り除くことが治すためには大切になります。

詳細を確認する...

健康的な耳をいつまでも

看護師

耳鳴りを予防するためには、栄養バランスの整った食事を続けて、耳の中の音を認識する細胞に栄養を届けることが大切です。また、適度に身体を動かすことも、ストレスを上手にコントロールすることにつながるため、耳鳴り対策には効果的です。

詳細を確認する...

耳の機能が衰えると

不快な音の原因は

鼻を気にする女性

ある日、突然聞こえるようになった耳鳴りは様々な原因が考えられます。最も多い耳鳴りは加齢により耳の機能が衰えることで始まります。キーンというような高い音やジーとセミの鳴いているような音がしたりします。加齢による耳鳴りは老人性難聴と呼ばれ年齢とともに進行していきます。老人性難聴が緩やかに症状が進行していくのに比べて、突発性難聴は突然耳の聞こえが悪くなります。それに伴い耳鳴りもするようになります。症状が起きたらすぐ治療を受けることが大切で、早めの治療が回復を早めます。耳鳴りはストレスや睡眠不足、肩こり、筋肉痛、血行不良などが原因で起こることもあります。若い人でも発症することもありますが一過性のものがほとんどです。

病気が原因の場合も

耳鳴りが起こる場合は病気が原因になることもあります。耳が塞がれたような感じで起こる耳鳴りはメニエール病が考えられます。メニエール病はストレスなどが原因で起こる病気で特に若い人に多く見られます。突然立っていられないほどの回転性のめまいが起こり、耳鳴りなどの症状が起こります。症状が進むと難聴になってしまうので耳鼻科で早めに検診することが大切です。この病気は自律神経失調症の一つですがそのメカニズムははっきりしていません。メニエール病以外の自律神経失調症でも耳鳴りが起こる場合があります。耳鳴りは軽い場合は見過ごしてしまいがちですがひどくなると治療も難しくなります。病気がある場合は進行してしまうので早期発見が大切です。

耳の中の騒音対策

医者

耳鳴りに悩まされている人は少なくありません。発生原因はさまざまですが、メニエール病や突発性難聴など内耳の病気に由来する場合は耳鼻科での治療が有効です。薬物療法で治らなければ手術などの選択肢もあります。難治性の耳鳴りに対しては音響療法と呼ばれる新しい方法により、耳鳴りと共存した生活も可能です。

詳細を確認する...