健康的な耳をいつまでも

看護師

耳鳴りを予防するためには、栄養バランスの取れた食事をきちんと取ることが大切です。栄養バランスが偏った食事を続けていると、耳に栄養を届けることができないため、音を認識する働きのある細胞が正常に機能しなくなってしまいます。これに対して、栄養バランスが整った食事を取っていると、耳まで栄養を届けることができるため、音を感じる細胞が正常に働くことができます。また、耳にしっかりと栄養が行くと、鼓膜の振動をしっかりと音に変えて認識することができるため、耳鳴りが起こりにくくなります。このように、栄養バランスが偏っている人よりも栄養バランスが整っている人の方が、耳の中にある音を感じる細胞にちゃんと栄養を届けることができるため、耳鳴りにもなりにくくなります。

耳鳴りを予防するためには、適度に身体を動かすことも効果的です。身体を動かす習慣がほとんどないと、ストレスをどんどんためこんでしまうため、自律神経が乱れやすくなってしまいます。これに対して、日頃から身体を動かすようにしていると、ストレスをしっかりと発散することができるため、自律神経をきちんと整えることができます。また、激しい運動を少しやるよりも、ウォーキングなどの簡単な運動でもいいのでこつこつ続けていくことが大切です。このように、身体をあまり動かさない人よりも日頃から動かしている人の方が、ストレスを上手にコントロールをして自律神経を整えられるため、耳鳴りになりにくい体質へと改善させることが可能になります。