耳の中の騒音対策

内耳の病気とその治療法

医者

他の人には聞こえない音が自分だけに聞こえるという耳鳴りの症状は、耳鼻科を受診する人の相当割合を占めています。耳鳴りには難聴を伴うケースも少なくありません。そういった聴覚異常が認められる場合は耳の病気の可能性が高くなりますから、できるだけ早く検査を受けることが大切です。しかしながら耳鳴りは耳の病気で発生するとばかりは限りません。稀に脳や血管の病気が原因となっているケースもある他、自律神経の乱れやストレスが原因と考えられるケースもあります。そうした中でも内耳の病気が原因で発生する耳鳴りに対しては、耳鼻科を受診することで適切な治療が受けられます。代表的な例がメニエール病や突発性難聴です。前者は内耳の内リンパ水腫によって発症し、めまいや難聴に加えて耳が詰まったような感覚があります。後者の原因は血流不全やウイルス感染など諸説があります。メニエール病・突発性難聴とも早期発見によって有効な薬物療法が受けられます。薬で治らないメニエール病に対しては、内リンパ嚢解放術など手術の選択肢もあります。突発性難聴では高酸素療法や星状神経節ブロックといった治療法が受けられる病院もあります。

治りにくい症状の解決法

人間の脳が音を認識するまでには、空気の振動を脳が感知できる電気信号に変換しなければなりません。その重要な役目を果たしているのが耳の奥にある内耳という部分です。内耳には前庭神経や蝸牛といった繊細な器官が含まれ、聴神経と密接に結びついています。内リンパ水腫や血流の影響、自律神経やストレスの影響で内耳器官の微妙なバランスが狂うと耳鳴りが発生します。耳鼻科での治療によって解消できるタイプの耳鳴りもありますが、中には治りにくいタイプの耳鳴りもあります。メニエール病や突発性難聴も治療が遅れると治りにくくなります。そうした場合であっても、耳鼻科では時間をかけて取り組む解決策を用意しています。人間は耳に聞こえるすべての音を等しく認識しているわけではありません。脳が重要と判断しない音に対しては、ほとんど意識していないものです。脳のそうした働きを利用して、耳鳴りが気にならないようにする治療が行われています。音響療法と呼ばれるこの治療法では、補聴器やサウンドジェネレーターなどの器具を使って耳鳴りの不快レベルを低下させます。音に対する認識を変えることによって、耳鳴りと共存した生活も可能になるのです。